『呪術廻戦』EDエンディング曲【give it back】 Cö shu Nie(コシュニエ)公開!ムービーに込められた曲名〝返して〟の伏線を考察!

アニメ

シリーズ累計発行部数が2500万部を突破(2021126日現在)し、勢いに乗る大人気のマンガ

 

呪術廻戦』

 

そのTVアニメ第2クールが、毎週金曜日 深夜125分からMBS/TBS系全国28局ネットスーパーアニメイズム枠にて放送中です!

 

そしてEDエンディング曲であるCö shu Nie(コシュニエ)の書き下ろし新曲give it backが絶賛配信中!

 

そしてそして!

 

1/29() 23:00Cö shu Nie(コシュニエ)新曲【give it backMusic VideoYouTubeにてプレミアム公開が決定!

 

マンガ・アニメ・テーマ曲ともに目白押しのタイトル

 

呪術廻戦』

 

大人気アニメの公開情報を見ていきましょう!

スポンサードリンク

『呪術廻戦』EDエンディング曲【give it back】 Cö shu Nie(コシュニエ)公開!

 

少年は戦う― 「正しい死」を求めて

辛酸・後悔・恥辱

人間が生む負の感情は呪いと化し日常に潜む

呪いは世に蔓延る禍源であり、最悪の場合、人間を死へと導く

そして、呪いは呪いでしか祓えない

驚異的な身体能力を持つ、少年・虎杖悠仁はごく普通の高校生活を送っていたが、 ある日呪いに襲われた学友を救うため、特級呪物両面宿儺の指を喰らい、己の魂に呪いを宿してしまう

呪いである両面宿儺と肉体を共有することとなった虎杖は、 最強の呪術師である五条 悟の案内で、対呪い専門機関である「東京都立呪術高等専門学校」へと編入することになり……

呪いを祓うべく呪いを宿した少年の後戻りのできない、壮絶な物語が廻りだす―

『呪術廻戦』公式ホームページより引用

『呪術廻戦』原作:芥見下々

(集英社「週刊少年ジャンプ」連載)

STAFF

監督 性厚
シリーズ構成・脚本 瀬古浩司
キャラクターデザイン 平松禎史
副監督 梅本
美術監督 廷連
色彩設計 鎌田千賀子
CGIプロデューサー 淡輪雄介
3DCGディレクター 兼田美希・木村謙太郎
撮影監督 伊藤哲平
編集 柳 圭介
音楽 堤博明・照井順政・桶狭間ありさ
音響監督 藤田亜紀子
音響制作 dugout
制作 MAPPA 

CAST

虎杖悠仁 榎木淳弥
伏黒 内田雄馬
釘崎野薔薇 瀬戸麻沙美
禪院真希 小松未可子
狗巻 内山昂輝
パンダ 智一
東堂 木村
加茂憲紀 日野
西宮 釘宮理恵
禪院真依 井上麻里奈
三輪 霞 赤﨑千夏
究極メカ丸 松岡禎丞
五条 悟 中村悠一
夜蛾正道 黒田崇矢
七海建人 津田健次郎
伊地知潔高 岩田光央
家入硝子 遠藤 綾
庵 歌姫 日笠陽子
楽巌寺嘉伸 麦人
夏油 傑 櫻井孝宏
漏瑚 千葉 繁
花御 田中敦子
吉野順平 山谷祥生
真人 島﨑信長
両面宿儺 諏訪部順一

Cö shu Nie(コシュニエ)

 

20112月に大阪で結成、同年3月からライブ活動を開始し、201866日にシングル「asphyxia」でメジャーデビュー

 

Cö shu Nieというバンド名は造語で意味は無く、「自分たちが初めてその言葉の意味になる」という思いが込められている。

 

声の表情で魅せる切ない女性ボーカルと、繊細でカオスなバンドサウンド。

 

シーケンスで華やかに彩る独創的な世界観で、ロックもポップも越えて、軽やかに行進するバンド・Cö shu Nie(コシュニエ)

 

Cö shu Nie(コシュニエ)

<プロフィール>

名前 誕生日 血液型 担当パート
中村未来 09/13 A型 Vo, Gt, Key, Manipulator
松本駿介 02/23 AB型 Ba
藤田亮介 01/05 B型 Dr

・リリース情報

TVアニメ『呪術廻戦』ノンクレジットEDムービー/Cö shu Nie(コシュニエ)give it back

give_it_back_JKT_jpg_1000px.jpg

アニメ第2クール:EDエンディングテーマ

Cö shu Nie(コシュニエ)give it back

(ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ)

2021310日発売

 

アーティスト盤:期間生産限定盤A (CD+BD)  7月末まで

AICL-40356 2,000+TAX

付属のBlu-rayには、先月12/19に行ったビルボード東京配信ワンマンライブ映像から4曲を収録

 

アニメ盤:期間生産限定盤B (CD)  7月末まで

AICL-4037 1,500+TAX

アニメ『呪術廻戦』描き下ろしイラストジャケット・デジパック仕様

 

 

Cö shu Nie(コシュニエ)

<コメント>

『呪術廻戦』は、一週間の長さを恨めしく思いながら毎週楽しみに拝読していて、心を動かされる純粋な喜びと同時にインスピレーションも沢山得た大好きな作品です。だから、EDエンディングを作らせて頂くことに決まった時はCö shu Nieみんなでバンザイをして喜びました。

この作品の繊細で愛おしい部分と呼応するように生まれた曲が、give it backです。

どうかこの曲が、『呪術廻戦』を味わった皆さまの心をさらに温められますように。

『呪術廻戦』公式ホームページより引用

 

『呪術廻戦』のために書き下ろしで制作されたこの楽曲give it backですが、合わせて公開されているED(エンディング)ムービーと密接に絡み合っているようです。

 

『呪術廻戦』 ED(エンディング)ムービー・【give it backに込められた意味とは?

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました