『呪術廻戦』EDエンディング曲【give it back】 Cö shu Nie(コシュニエ)公開!ムービーに込められた曲名〝返して〟の伏線を考察!

アニメ

『呪術廻戦』EDエンディング曲【give it back】 公開!ムービーに込められた曲名〝返して〟の伏線を考察!

『呪術廻戦』の物語には、巧妙に張り巡らされた蜘蛛の糸のように、数々の伏線が存在し、その魅力の深さに繋がっています。

 

そして、いまだ未回収の伏線が多数存在しています。

 

今、『呪術廻戦』ファンの間で、EDエンディング曲【give it backED(エンディング)ムービーに隠された「ある事」について話題となっています。

 

それは

【存在しない記憶】

についてです。

物語の核を握るとも言われているキーワード【存在しない記憶】。

 

 

『呪術廻戦』の作中では、登場人物たちに存在しないはずの記憶が現れることがしばしばあります。

 

【存在しない記憶】が登場するたびに、伏線は重みを増していっているように思います。

 

 

ED(エンディング)ムービーの舞台はおそらく未来の風景だと推測されます。

 

例えば、風景や服装、吐息の白さから見えるものの中で季節・時期があります。

 

察するに秋の出口、冬の入口のような時期でしょうか。

 

おそらく11月・12月頃の季節に写ります。

週刊少年ジャンプ本誌で連載中の『呪術廻戦』の時期(2021125日現在)はハロウィンの夜です。

 

ハロウィンといえば1031日ですよね?

 

ということはこのED(エンディング)ムービーは現在連載中の『呪術廻戦』本編よりもさらに未来の風景という事になります。

 

しかしそのハロウィンの夜に起こったある事件や出来事が、時期的に後のはずのED(エンディング)ムービーに反映されていないのです。

 

本編を知っている読者ならわかりますが、ある事件や出来事というのはかなり衝撃的です。

 

起こった事件や出来事の重さを考えると、このED(エンディング)ムービーのような状態、登場人物たちが日常を楽しそうに過ごす様子、穏やかに時が流れるような未来になることは、現在の物語の流れでは本来「ありえない」状態です。

あまり深く追及してしまうとネタバレになってしまいますが…..

 

つまり起きた出来事が無かった事になっている=【存在しない記憶】の捏造がこのED(エンディング)ムービーの正体という事になります。

 

では誰の【存在しない記憶】の捏造なのか?

 

登場人物の誰か(または全員)が失った未来を思っての風景なのか?

 

真相はわかりませんが、思わず涙・身震いするほどの映像と音楽の切なさや暖かさを感じます。

 

 

穏やかに過ごすはず、過ぎ去るはずだった【存在しない記憶】のような大切な時間を【give it back】『返して』

 

というメッセージが、このノンクレジットED (エンディング)ムービーEDテーマソング【give it backに込められてるように思います。

スポンサードリンク

『呪術廻戦』EDエンディング曲【give it back】 Cö shu Nie(コシュニエ)公開!ムービーに込められた曲名〝返して〟の伏線を考察!まとめ

『呪術廻戦』作者:芥見下々

 

週刊少年ジャンプ(集英社)連載中

 

シリーズ累計発行部数が2500万部を突破(2021126日現在)

 

 

TVアニメ第2クール

 

毎週金曜日 深夜125分からMBS/TBS系全国28局ネットスーパーアニメイズム枠にて放送中

 

 

『呪術廻戦』EDエンディング曲

 

Cö shu Nie(コシュニエ)書き下ろし新曲【give it back

 

 

マンガ・アニメ・テーマソングが三位一体となって織りなす極上のエンターテインメントに仕上がっている『呪術廻戦』です!

 

 

今回のED (エンディング)ムービーEDテーマソング【give it backについては、さまざまな解釈がありますので、みなさんの参考になれば幸いです。

 

 

今後、『呪術廻戦』OP(オープニング)・ED (エンディング)に秘められたメッセージや、テーマソングに込められた想いなどの伏線も徐々に明らかになっていくと思います。

 

 

楽しみすぎて逆に見るのが怖かったりしませんか?w

 

 

また、1/29() 23:00Cö shu Nie(コシュニエ)新曲【give it backMusic VideoYouTubeにてプレミアム公開されます!

 

こちらもチェックしてみてください!

 

 

最後までご覧いただきありがとうございます!

 

『呪術廻戦』EDエンディング曲【give it backCö shu Nie(コシュニエ)公開!ムービーに込められた曲名〝返して〟の伏線と考察!でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました