オリンピック組織委会長【森喜朗】の異常発言、失言にツッコんでみた。

森会長にツッコミ入れてみた。 オリンピック

差別的意識はマイノリティではない?

かなりの長丁場でしたが、いかがでしたでしょうか?

ご覧いただいた皆さんのツッコミインスピレーションを泡立たせることは出来たのか。

想像力を働かせて聞いてみると、根本にある「男たるもの感」がにじみだしていましたね。

よく世間で言われる

  • 昭和のおじさん
  • 父性おじさん
  • 絶対家父長制おじさん

のイメージとして、「誰のおかげで飯が食えると思ってるんだ!」「女は3歩後ろを歩け!」などに代表される、全く意味不明な差別的発言に類似した、思わずツッコまずにはいられないような心境をもたらしてくれた今回の森会長の問題発言。

時代に合わない、今はそういう社会ではない、という以前に、日本の歴史上でも一般的な制度ではなかったそうですね。

そもそも父性とは、天皇を親とし、資本主義社会に都合がいい社会制度を明治政府が整備、戦後の高度経済成長期に「大黒柱」「稼ぎ頭」というような言葉で言い表された家内君主的な思想に確立された歴史の浅い文化です。

無理矢理枠を設けて施行した制度は、変化への対応が利かなくなるわけです。

しかし、世の中の大半の人には少なからず、差別的意識が根深く残っています。

今回の問題発言が示したのは、ほぼ誰もが持ち得る、差別的思想を意識することです。

  • 男女間の関係性
  • 容姿
  • 言動
  • 思想
  • 個性
  • 社会的地位
  • 職業観
  • 貧困
  • 単位

など、気づかないうちに、様々な分類をして分け隔てている事を、自ら認め改善していかなければ、根本的な解決には至らないでしょう。

もちろん私にも無意識に差別してしまっていることがたくさんあります。

だれの心の中にも存在することを認め、改善していくことが助長を防ぐ1番の近道になるように思います。

差別のない明るい社会を皆さんで作り上げていきましょう。

ラストツッコミ!

最後にオリンピック憲章の内容と、今回のテーマである

オリンピック組織委会長【森喜朗】の異常発言、失言にツッコんでみた。

を照らし合わせたツッコミをしていきたいと思います。

オリンピズム精神

オリンピズムは、肉体と意志と知性の資質を高揚させ、均衡の取れた全人の中にこれを結合させる事を目指す人生哲学である。オリンピズムが求めるのは、文化や教育とスポーツを一体にし、努力のうちに見出されるよろこび、よい手本となる教育的価値、普遍的・基本的・倫理的諸原則の尊重などをもとにした生き方の創造である。

オリンピック憲章 1996年版 (財)日本オリンピック委員会 根本原則 2 より引用

ツッコミ!こんなオリンピズムはイヤだ!

ツッコミ
  • 「肉体と意志と知性の資質を高揚」ではなく父性の高揚である。
  • 「均衡の取れた全人」に当てはめようとしていない。
  • 「人生哲学」という学問を否定している。
  • 「文化や教育とスポーツを一体」とせずどちらかと言えば文化寄り。
  • 「努力のうちに見出されるよろこび」を見出していない。
  • 「よい手本」にある意味なっている。
  • 「教育的価値」にはあまり関心がない。
  • 「普遍的」な昭和文化を代表できるポテンシャル。
  • 「基本的」にいうことがゲスい。
  • 「倫理的諸原則」を掲げつつ【女性は時間が〜】発言
  • 「尊重」は【女性は時間が〜】発言のとおりしていない。
  • 「生き方の創造」を頭から押し付けられそうでイヤだ。

崇高なオリンピズム

オリンピズムの目標は、あらゆる場でスポーツを人間の調和のとれた発育に役立てることにある。またその目的は、人間の尊厳を保つことに重きを置く平和な社会を奨励することにある。この趣意において、オリンピック・ムーブメントは単独または他組織の協力により、その行使し得る手段の範囲内で平和を推進する活動に従事する。

オリンピック憲章 1996年版 (財)日本オリンピック委員会 根本原則 3 より引用

ツッコミ!父性オリンピズム!

ツッコミ
  • 「目標」はあくまで絶対に開催すること。
  • 「あらゆる場」で問題発言・失言を繰り返している。
  • 「人間の調和」をとる発言ではない。
  • 「発育に役立てる」発言をしていない。
  • 「人間の尊厳」ではなく自分の威厳に重きを置いている。
  • 「平和な社会」は【わきまえた】社会だと思っている。
  • 「趣意」はオリンピック絶対開催。
  • 「オリンピック・ムーブメント」は死んでも逃したくない。
  • 「行使し得る手段の範囲内」で父性を押し通す。
  • 「平和を推進する活動」が【女性は時間が〜】発言で分断されている。

以上

オリンピック組織委会長【森喜朗】の異常発言、失言にツッコんでみた。

でした!

※この記事内容はあくまで筆者の独断と偏見に基づき構成されており、また、一個人を誹謗中傷する意図はありません。

少しでも生きやすい世の中になる事を切に願っております。

最後までご覧いただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました